投稿

ゲイリーおじさんのワゴン

イメージ
ここ2週間ほど激務でバタバタと時間が過ぎていっている。栽培中の野菜もほったらかしだし犬のロウニンとも遊べていない。会食も多いが、立派なモノ食べている割に、やはり仕事上での食事だから食べた気しないし。
今、明日の予定が急に変更になって1時間ばかしポンと空いたから、気分転換兼ねて、これを書いている。
「頭のリフレッシュのために好きなことを書こう!」と思って浮かんだのが、今身体が求めている新鮮な野菜、そしてゲイリーおじさんのこと。
ゲイリーおじさんは、北の職場の近所に住んでいる60-70代くらいの男性。かわいいワゴンで自分の作った野菜を売っていて、それを買いに行って知り合ったおじさんだ。

彼は以前、もっとトロント寄りの広大な土地で小麦だかコーンだかを栽培していたそうだ。数年前に引退して、今の北の地に移ってきた。
大規模農業は引退したものの、今の家の庭で、奥さんと一緒にこじんまりと野菜作りをしている。出来た野菜は、自分たちの食べる分を差し引いても余るから、その余剰分を道行く人に売っているわけだ。
売っている、といっても、野菜を無駄にしたくない、というのが一番の目的だから、どれも25セント~3ドル(25円~300円)くらいの良心的値段。

しかもその売り上げは、おじさんの娘がサポートしている子ども向けフードプログラムのNPOに寄付しているから、儲け目的でなく、老後のひとつのアクティビティーというだけだ。
それでも、彼らはそもそもがプロフェッショナル・ファーマーだから、美味しい野菜を作るし、しかもHeirloom(在来種、固定種)やNon-GMO(非遺伝子組換え)にこだわっているので、買う側には嬉しい。



基本、現金ボックスが置いてあって、買う人は勝手に野菜を選んで、勝手に支払っていく、無人販売スタイル。
とはいえ、ゲイリーおじさんはだいたい庭で作業しているから、誰かがワゴンに来ると出てきて売れた野菜を袋に詰めながら立ち話。
私もおじさんに会えれば、野菜栽培についてヒントをもらったりする。今年の話題はやはり長雨だった。野菜の出来具合や時期が狂っちゃったから。
それにしても、なんかいいなあ、こういうの。野菜を育てる喜びや収穫物、その土地の気候なんかを共有している感覚。そして直販の基本、「ワゴン売り」というスタイル。
ちょっと田舎にいけば、ここでも日本でも見られるが、この販売方法だと、野菜を作った人の愛情がダ…

デキる!イラニアン姐さんたち

イメージ
トロント界隈は多民族からなる街で、ありとあらゆる国からの移民がいる。日本で初めて会った人に「何県出身?」と聞くことがあるが、ここなら「どこの国から来たの?」と、出身国を尋ねることがしばしば。

私のいるエリアはイタリアン・コミュニティなので、近所で出会う人やお店の店員は圧倒的にイタリア人だが、たまたまここ数週間でイラン人と立て続けに縁があった。
最初は直接関わったわけじゃなく、たまたま知人から、ある業界で最近暗躍しているイラン人のギャングの話を聞いていた。表向き普通のビジネスパーソンだけど、裏でよからぬことをしていると。(どの民族でもなぜかギャングって存在するな、、、。)
その後、私は近所で新しく見つけた、整骨・ペインマネジメントのクリニックに出かけたのだが、私についたセラピストが、とても綺麗な、私より少し年上くらいのなんとイラン人女性だった。
ギャングの話を聞いた直後だったので、「もしやギャングの姐さん?」なんて一瞬思ったが、そんなあらぬ妄想をよそに、その方は、物腰柔らかくすごーく親切でチャーミングな女性だった。
北米にありがちな、「顔は笑ってるけど心はこもっていない」ビジネスライクな対応を想像していた私は、彼女の応対によってとてもリラックス。
そしてビックリしたのは、そのホンワカした雰囲気とうって変わって、施術の腕がしっかりしていたこと。カイロプラクティックと指圧を合わせたような、だからといって無理にバキバキ・ゴリゴリやらない施術が私はすごく気に入った。
私は長年の腰痛・坐骨神経痛持ちで、これまでいろんな治療やマッサージを試してきたが、彼女の施術方法は、これまでの施術者の誰とも違っていた。
私のあちこちの骨と筋肉のバランスを細かに触りながら確かめ、これまでの施術者で誰も押さなかったツボ的ポイントを押しながら筋肉の奥をマッサージ。
彼女の施術室の壁には、イラン・カナダ両国の国家ライセンスやいろんなアワード(表彰)、学校の修了証が掲げてあったが、彼女の手法はもしやイラン式?あるいは単に彼女独自のメソッド?
いずれ、生活習慣や姿勢はなかなかすぐ直らないから、時間が経てばまた痛みは戻ってくるけれど、それでも過去のマッサージよりは断然に効いている実感があった。
そして、レーザーなど他の治療法や栄養についても、いろいろ教えてくれた。お互い英語にクセがあるから、時々聞き返しながら、、、。それにして…

2017夏の終わり ~クリエイティブの意味・日蝕のマジック~

イメージ
朝晩の冷えた空気で木々の葉が色づき始め、ついに夏が完全に終わろうとしている。やっぱり夏って時間が過ぎるのが速い。


8月最終日の今日、写真を整理しながら気づいたのは、この夏はエネルギッシュに、でもどこか粛々と、本当に多種類のことをこなしたなあ、ということ。
でもそれは最初から狙ったわけじゃなく、身体が勝手に動いていた、という感じ。カナダの夏は短いから、「今しかない!」「休んでいる暇はない!」って意識があったんだと思う。
ざっと振り返ると、、、北のコテージに居る時は、もっぱら人に会わず集中してやるデスクワークや有機野菜の世話が中心だが、そのスキマ時間にハーブの乾燥や料理にいそしんだ。前々回書いた通り、自家製酵母、パン焼き、オーブン使用のデビューも実現。


トロントオフィス側にいる時は、ミーティングやら手続きモノやらで市内をあちこち動きまわることに。でもその間にも、もう一度酵母起こしとパン焼きもやり、エクササイズやマッサージなんかも行き。

時間の無駄を許さず、わずかなチャンスを目ざとく見つけて何かしら実行するのは本来の私のペース。言い換えると、忙しくなればなるほど私はいろんなことを効率良くでき、それによってさらにワクワク感が増すタイプ。
ここ数年のイレギュラーな生活はその感覚を鈍らせていたが、この夏、自分を忙しくすることで、自分が戻ってきたような懐かしさもあったりして。
そういや占いで(最近引用が多いな(笑))『8月は非常にクリエイティブ』と書いてあった。
料理のレシピなどで確かにクリエイティブさを発揮したが(要は適当に作ったってこと!)、本当にクリエイティブだったのは、全体の「時間の使い方」そのものだったんだと思う。
さらに、時間を使う対象に「自分の興味」が伴えば鬼に金棒。相乗効果でいろんな歯車が合い始めて、楽しさと効率を同時に実現していくことになる。何をやるかはあまり重要でない。そういう状態下では、すべてがいいエネルギーを帯びてうまく回るのだ。
ところが。
北米の一大イベントだった821日の日蝕の日の前後だけ、何かずれていたような感じだった。
天のイベントとしては、日蝕と新月(それも特別なブラックムーン)、太陽のフレアや黒点活動の活発化、水星逆行と、そうそうないことが重なっていたそうだ。
だからと言ってこじつけるわけじゃないが、たまたま私の方でも、予定がことごとく狂ったり、仕事上で良くない方…

自分と繋がる時間

イメージ
夏の盛りに満開になる可愛いチコリの花。先週まで北の田舎道に咲き誇っていたが、昨日1週間ぶりに来てみたら、跡形もなく消えていた。秋がすぐそこまで来ている証拠だ。

夜は10℃近い日もあり、すでに秋の虫の声も聞こえる。夏がいかに短いか、この時期、毎年実感させられる。
去年、それまで躊躇していたブログを始めようと思ったのも、こんなヒンヤリした夜だった。美しい月光の下でヨガをやりながら、何となく「タイミングが来た」ような気がした。

そして1年。長く書いていたNY時代から数年のブランクがあり、自分の内面も変化していたので、正直続くかわからなかったが、結果して1周年を迎えることができた。
今日が52本目、つまりちょうど週に1本書いてきたことになる。実は、そのペースは意識して保っていたものだ。
それは、あまりにイレギュラーな生活・仕事時間の中で、何か定例で続けることによって、自分のリズムというものを作り出そうとした、ひとつの工夫であった。
事実、定例で何かやると、それらは生活の「軸」となり、スケジュールの組み方や集中力にメリハリがつく。
そしてその定例なものが「自分と繋がることのできるもの」ならば、メンタルにもいい効果だ。
それまでの数年、時間も空間も公私が混ざり、いろんな外野のことに振り回されていた私。
自分とキッチリ繋がることができない状態はある意味危険で、他人の意見に左右されたり、自分の決断を疑ったり、時間やお金を無駄に使ってしまったりの悪循環にはまる。
しかし今は、定期的にヨガやピラティスで心身をリフレッシュし、近所のカフェでTo Doを整理、そしてブログを書くことで自分の気持ちや意志を確認し、不規則な環境の中でも、ある程度は自分と繋がることが出来るようになってきた。

ところで、「自分と繋がる」とは?
それは、意識をどんどん掘り下げて、自分が本当に何をしたいか、あることについてどう思うか、などを自分自身に問いかけ、その答えに沿うこと。また、いろんな考えで混乱した時、自分の基準に戻って整理し、もう一度ポジショニングをするようなこと、だと思う。
そういった頭の中での問答は、誰もが、例えば運転中とか入浴中とか寝る直前にふと起きるものだが、私は書くことによって、より深く、深く、自分に潜ることができる。
具体的にどういうことが起こっているかと言うと、、、いったん何かについて考え始めると、あれこれ整合性もなくポ…

ナガネンノユメカナウ?(2) ~3つのデビューと新しい扉~

イメージ
(前回からの続き)
さあ、私の<酵母・パン・オーブン>の3つのデビューがかかった挑戦、まずは約2週間前の酵母起こしからスタート! 1)天然酵母起こしデビュー!
天然酵母は、自然の果物や草などに付着しているものを自然発酵によって増殖させて取り出す。材料はシンプルで、無農薬果物(今回はリンゴ)、浄水、糖分(今回ははちみつ)だけ。

まず冷蔵庫で3日冷やし、あとは常温で5、6日ほど、時々空気を入れながら炭酸とアルコールが出てくるのを待つ。シュワシュワ~となったら酵母菌がマックスに増殖したサインでパン作りに最適な菌。(参考本:ウエダ家「酵母ごはん」
これだけ聞くと簡単そうだが、なんせ相手は目に見えない菌。いちいち道具の煮沸消毒や作業タイミングに気を遣う。数カ月前に失敗したため、今回は慎重に。
とのつもりが、なんと日数を数え違え、一回冷蔵庫から出して時間が経ったものをまた戻すという暴挙に。もったいないからそのまま続行、繊細な菌相手にかなり強引。(笑)
経過は、、、イレギュラーなことをしたせいか、炭酸が強くない。でも6日目を迎えたのでギャンブル的にパン作りに着手!

2)手作りパンデビュー!
いきなりパンを焼くわけでなく、まずはパンの元種作りというのをやる。酵母液と強力粉を少量ずつ混ぜて、一晩置き軽く発酵。それを継ぎ足して3回繰り返す。

ところが、2日目の朝、粉と水分が分離、かつ、酸っぱい異臭もしてきた。だから自分なりに室温に放置したりして勝手にインターバルを変更。(いいのかそれで!?)
結果、レシピ写真とはほど遠いが、ゆるゆるの元種が一応完成。



「これ、発酵してるのかな?」「変な菌が増殖しててお腹壊さないか?」との考えがよぎるが、とにかく一通りやってみたくてパン生地過程へ移行。
材料は、元種とその倍ほどの強力粉、水、キビ砂糖と塩。これだけ。