投稿

東欧へ?魅惑のお惣菜旅行 ~ Yummy Market ~

イメージ
おおお、新年になってもう半月が経とうとしている。相変わらずの厳しい真冬の天候と多忙な日々が続いていて、近況を書こうにも「寒い」と「忙しい」しか出てこない!
こんな時は頭の気分転換も兼ねて、過去のワクワク体験からのエントリを。タイトルに「旅行」とつけたけど、あくまでもトロントに居ながらの擬似旅行ネ!
トロントは多民族からなる街なので、世界のいろんな味が楽しめるのが魅力の一つ。それには、レストランで代表的な料理を食べるより、庶民的・家庭的な料理を試した方がずっと面白い。
そういう時の私のお気にいりの場所のひとつが、ある東欧・ロシア系のスーパー・マーケット「Yummy Market」(ヤミー・マーケット)。

英語で「Yummy(ヤミー)」とは「美味しい」のカジュアルな表現だけど、日本語で「ヤミー・マーケット」って言うと、闇市(やみイチ)みたい(笑)
直訳でYummy Market = 美味しい市場って超安易な名前だけど、実はすごいバラエティさをもった、魅惑のお店なのだ。
何が魅惑って、100種類はゆうに超えているここのお惣菜!すべてフレッシュで計り売り!そしてお値段もリーズナブル!


ロシア・東欧と言っても、南北のシベリア地方と中央アジアでは気候風土が全く違うし、東西に見てもヨーロッパ寄りとアジア寄りではまた違う。しかしいずれも日本や北米とは食材の組合せや調理方法が違っているからどれを見ても面白い。そして初めて食べるにしてはどれも美味しい。
レシピが違うとはいえ、普段家で食べるおかずだから、ごくフツーの高くない食材を使ったものばかり。だから一見馴染みのない味の組合せでも、食材は特別じゃないから食べていても疲れず、すぐに美味しいと感じることができるのだと思う。
例えば、、、下の写真は、パウンドケーキの上になめこ⁉がのっているように見えるが、、?
実はベジタリアン向けのレイヤード・べジサラダ。下の白い部分は菊芋か大根。(食べても判断できず、、)真ん中がマッシュルームと人参で上が卵とパセリとなめこに似たキノコ。何でもない材料だけど新しさ満載、そしてレイヤーになった色のコントラストが綺麗。
普段の食材ということは、すぐ真似できる、とも言える。事実、ホント真似して作りたくなるよ!

お客さんはロシア・東欧系がほとんどで、知らない言語が飛び交うが、そのエリア出身の人たちが買いに来るってことは、並んだおか…

記録的寒波の中で始まった2018年

イメージ
新しい年になった。しかし、まるで極寒に耐える我慢大会のようなこの年越し!

世界のあちこちでそうだが、12月後半からカナダも寒波続き。ここトロント郊外の大晦日の夜はマイナス23℃だった。それでもカナダの中でも南側だからマシな方!(ボスの奥さんの実家、隣のマニトバ州・州都ウィニペグはマイナス50℃だって!)

この冬、最低気温は各地で半世紀以上ぶりに記録を更新し、さらに更新される可能性も。確かに今週はマイナス30℃近くになる予報が出ている。夜にそこまで落ちるのはまだわかるが、日中の「最高」気温でもマイナス20℃台ってかつてない経験!


それでも仕事で外には出かけねばならず、、、。
そういう気温の時外に出ると、まず呼吸が苦しい。吸った空気が凍った粉のようで、喉に通る氷で思わずむせてしまうのだ。鼻の穴の中も、空気が通る度「パリパリ」と氷がまとわりつくのを感じる。
むせながら車の雪除けならず、「氷はぎ」をする。エンジンもかかりにくいから、十分に温めてからスタート。
ようやく冬タイヤに変えたし元々四駆車だけど、やはりマイナス20℃台の中運転するのは怖い。幹線道路は大量の塩がまかれてほぼ大丈夫だけど、日陰では塩か氷かわからないし、路肩やカーブに散らばった氷で滑るから、、、。

そうそう、つい2週間ほど前に、近所に地下鉄の駅が新しくオープンした。人口上昇著しい北西向きに延伸した5つの駅が、数年遅れで開通したのだ。これでダウンタウンに行きやすくなったので、運転距離を少しでも短くしたい冬にはありがたい。


それでも、先月下旬に絶対に遅れられない仕事の用事がダウンタウンで連続で朝に入っていて、渋滞と雪のトラブルを避けるため、わざわざダウンタウンに数泊。真冬ならばこれが確実。

ちょっと早い「ゆく年くる年」

イメージ
久々にして早くも「今年最後」になる可能性大の今日のブログ。夏の終わりから仕事上のスペシャル・ミッションがあって、特にこの1ヶ月は食事も睡眠も不規則・不足になりつつガーッと集中していて、SNSも世の中のニュースも見る間もなく時間が過ぎた。

今日からほんのちょっとスローにはなるけど、むこう2ヶ月くらいは濃い状態が続くかな。量のある仕事であると同時に、私にとっては未知の内容なので、質的にもチャレンジング。それを英語でやっているから、さらに脳への負担倍増(笑)。ダークロースト・ブラックコーヒーを数時間おきにすすりながらなんとか無理やりこなしている。

でも「キツイ」と感じるというのは、それが自分の知識や経験という糧になっている証拠。それは特にニューヨーク時代によくあった状態で、今もそうやってプラス思考で乗り切っているところ。実際、今関わっていることは本当に勉強になっているし。このミッションの件は、事が済んだらいつか書こう。

ということで、気が付けば零下続きの真冬になっているし、今は世の中すっかりホリデームードだけど、私はまずフツーの日常生活すらできていなかったので、この連休、もちろん仕事もあるけど、たまったモロモロに手を付ける。例えば来年の手帳の準備とか、ずっと取りに行けていない処方箋を取りにいくとか、部屋の掃除とか。

恥ずかしいことに白髪を染めることも爪を切ることもできなかったのでそれも(笑)ヨガやカフェにも行きたい。そして何よりもたっぷり寝たい。たったそれだけのことでも、今は贅沢に思える。

時間に追われてしばしば食事を抜き体重も落ちたので、ガッツリ食べてパワーもつけよう。北のコテージも行きたいがそういや換える暇なくてまだサマータイヤのまま。この気温では凍っているから無理だな、、、。

今年最後の週は、何とか時間を作って今年を振り返り、来年の自分はどう進むか、思いを巡らせたい。
少し早いけど、これをお読みの皆さんもどうぞよい1年の締めくくりができますように。

Happy Holidays & Happy New Year :)


夢・記憶・シンクロニシティ

イメージ
今日は、常々不思議だな~と思っていることを徒然と。とりとめなくなるけど、今仕事から目をそらして現実逃避したいので(笑)だらだら書くにちょうどいい。
まずは、眠っている時に見る『夢』。
人がなぜ夢を見るのか、夢とは何なのかには諸説があるし、脳や身体の仕組みはまだ未知な部分もあって、夢とはなんともつかみどころのないもの。

しかしよく聞くのは、夢は今自分に起こっている現実や、自分も知らない「無意識」を投影したドラマだ、ということ。
私はよく次の日に予定していることの夢を見る。

例えば、Aさんとレストランで食事をする約束をしていると、前夜にAさんと会って食事をする夢を見るのだ。
これは、私が寝る前に、「明日は何時に起きて、何を持って、何時に家を出て、、、」と頭の中で予定を確認するものだから、そのまま夢の中でシミュレーションが現れるのだと思う。
絶対に遅れられない朝のミーティングが控えている前夜、ミーティングに遅れそうな夢を見るのもこのパターンの一つだろう。寝てはいても、脳のどこかで「〇〇しなくては」という意識が残っているのだ。

しかし、どうにも不思議なのは、繰り返し見る夢や、現実で会ったことのない人が登場する夢。なぜそんなことが起きるのだろう!?どうやってその見知らぬ人の顔を私は作り出しているんだろう?
そして奇想天外なストーリーは、脳の物理的な現象がもたらすのか、自分の想像力によるものなのか?
聞いたことのない言葉がキーワードのように出てくることもある。日本語でも英語でもない、初めて聞く言葉。
目覚めた時にそれを憶えていれば、私はその言葉をインターネットで検索するのだが、出てきた試しがない。いつかその言葉の意味が解る日が来るのだろうか、、、?

次に、『記憶』について。
記憶にまつわる不思議はものすごく多様なのだが、今書くのは、ここ数年で頻繁に起こっているフラッシュバックのようなイメージの記憶。ある記憶の断片が何の脈絡もなく、突然ふっと湧き上がる現象。
その時考えていることややっている動作は、その記憶と全く繋がりがないのに、、、。

例えば、カナダの自分のデスクで面倒な法務系書類を読んでいる最中に、突然仙台時代のある食堂で食べた豚の角煮を思い出したり。

例えば、仕事で利息計算をしている途中で、フィラデルフィアで歩いた何でもない住宅街の風景が頭によぎったり。
例えば、トロント市内で駐車場を探してウロウロしてい…