投稿

あなたのいる右側

イメージ
もうおととしのことになるが、カナダから日本に帰った時に、不思議な体験をしたことがある。

最初はある夜だった。私が実家のお風呂の湯船につかった時、浴槽の右側―ちょうど私の右足の横あたりに何か「気配」を感じた。
そして、同じ日の夜、今度はベッドに入って寝る瞬間、また右側の足元に物体らしきものを感じた。しかも、「あれっ、この感覚、知ってるぞ」という、馴染みさえあった。
別な日には、私が立って歩いている時、やっぱり右側の膝あたりに、塊のようなものが動く気がした。私はやっと気づいた。ロウニンだ。

***
カナダの家に犬のロウニン(浪人)が来て以来、私はほとんどずっと彼と一緒にいる。私が不在のときでも、誰かしらはロウニンと一緒にいるから、彼はこれまで家で一人になったことがない。
だから一人になるのが異常に不安なのか、私が家にいる間は、私が移動するたびについてきてしまう。
ホームオフィスで仕事中は私のデスクの横に。私がキッチンやトイレに行く時は随行。時にはバスルームに一緒に入って来て便器の真ん前で待つことも。まるで家庭内ストーカー!?


同じ家の中に私が居るのは音でもわかるはずだし、ガラス戸越しなら目でも確認できる。でもダメ。とにかく、自分の意志によってくっつけるくらいの「すぐそば」でないとダメらしい。

遮ってドアを閉めたり、ガーデニング作業中に近くにつないでおいても、近寄れない状態とわかると「開けろ!」「これを解け!」とばかりに吠えたり、鎖をかみ切ろうとしたり。

きっと、彼らは距離を認識するとき、視覚・聴覚の他に、主人の波動のようなものをキャッチしているんじゃないだろうか?それが受信可能な範囲にいようとするとか?
あるいは、私を守るため、自分が危険に対して常にリーチできる体制を確保しようとする秋田犬ならではの「ボディーガード魂」か?

いずれ、ちょっと度を越えてほとんどObsession(強迫観念)状態になっちゃって、可哀想に思うことすらある。
だって、せっかくロウニンが寝ていても、私がほんのちょっとキッチンにモノを取りに行ったりするだけで、起きてついて来ようとするから。そのたびに「私がどこかへいってしまうんじゃないか」あるいは「ついて行かなきゃ!」と、思わせてしまっているということだ。

不気味さを伴うゆるやかな水害

イメージ
今日は北の職場へ来ているが、7月だというのに、朝は13℃、日中も17℃と、酷暑に苛まれている日本に申し訳ないくらいの涼しさ。いや、寒さ、か。ヒーターをつけたくらいだから。



雨も断続的に降るので、外での仕事が進まない。おかげで、というのもなんだが、例のごとく晴耕雨読的に仕事を組替えたために、しばらく書けずにいたブログを書くスキマ時間を確保。
雨と言えば、九州で大変な被害があり、ニュースを見ていて切なかったが、世界的に見ても、大雨や洪水のニュースが、ここ数年やけに増えているような気がする。
私がトロントに住んでの印象のひとつに、「なんて晴れの日が多いんだ!」というのがあるが、そのトロントも今年は異常に雨が多い。

それは冬の終わりからすでに始まっていたので、私も「スローな春」と題して、いつもと違う天候について書いたのだが、その後も雨や嵐が頻繁にあり、水辺では何度も洪水警報が出た。
例えば、トロント市の南側はオンタリオ湖だが、そこに浮かぶトロント・アイランドというレジャーで賑わう島は、春先から水浸し状態。
ようやく最近になって洪水注意報が解除されたようだが、そのダメージは深く、後始末に追われる住宅はもちろん、この夏オープンできない商業施設がかなりあるとか。ここは夏が短いだけに、夏の観光産業に影響が出るのは非常に痛いだろう。
参考(英語):Toronto Star: Some areas of the Toronto Islands will be closed all summer, officials say
私も先月から、北のコテージで野菜栽培を始めたものの、晴れの日が少なく、度重なる雨嵐で土の水分がいつまで経っても飛ばず。そのせいか、植物たちが痩せたままで成長がよくない。
コテージの周りや運河の端も春先から水が引かない。こんなことはかつてなかったと聞く。

実際、去年と今年の4~6月のトロントの雨量を比較してみると、、、
【2016年】4月:  59.8 mm、5月:  34.2 mm、6月:26.4 mm、3ヶ月計:120.4 mm 【2017年】4月:110.8 mm、5月:142.6 mm、6月:97.2 mm、3ヶ月計:350.6 mm
Source:  Total Precipitation - Monthly data forToronto
おおお、なんと今年は4-6月で去年同時期…

カナダ・デイといつものカフェ、そして後半戦へ

イメージ
イギリスの一部であったカナダのいくつかの州や植民地が連邦となって自治を始めた1867年から数えて、カナダは今日7月1日、150回目の建国記念日(カナダ・デイ)を迎えた。


1867年は、日本で言えば大政奉還があった年。その前には長~い歴史があるから、カナダは「国」になってからは、まだまだ若いなあ、とつくづく実感。
それにしても、自分がカナダにいる数年の間に、キリのいい150周年に立ち会えるのは何となく嬉しい。50年区切りで言えば、前回私は生まれていないし、次回は死んでいるだろうし。(笑)
滅多にない「50年」区切りの年だから、今年はいつになく早い時期から150年を記念したいろんなイベントやサービスが盛り上がっていたように思う。


そして今日はもちろん各地で大々的なイベントや花火が。
私は、人混みや列に並んで何かを待つのがあまり好きではないから、こういう時はあえて出かけないことが多い。もっとも今日は仕事があったからどちらにせよ無理だったのだが。
代わりに、休憩時に近所のイタリアンカフェに行った。思えばミーティングが続いたり北の職場を行ったり来たりだったのでしばらくぶり。
だからよく知った場所のよく知った味は一瞬新鮮に思えたけど、馴染みのカプチーノを三口ほど飲んだら「いつもの場所」的な感覚が蘇り、安堵感がやってきた。
「ああ、ほっとする。下手なイベントに行くより全然こっちの方がいい。」と、心底思った。

こちらは祝日になると、スーパーやホームセンターなどの日常的な店や銀行などは、一切閉まってしまう。こんな用事を足せない、行き場のない日こそ「いつものカフェ」が開いていると非常にありがたい。
「もし自分がカフェやバーをやるんだったら、人が閉めている時は開けて、何でもない平日の1日に閉めるよな。」
なんて真剣に思ったりもした。それだけ今日は祝日に開いていたカフェがありがたかったのだ。

イーグル・ダンスと夏至のテンション

イメージ
先月末あたりからすっかり夏モードになって、公私ともに外でのアクティビティや外出する機会が増えたが、先週は特にそれが激しかった気がする。

ミーティングやプレゼン、会食、イベント、久々の友人との面会。相当距離の運転もしたし、滅多に行かない歯医者なぞも行き。市場で買った新鮮野菜を使い切りたくて料理だって結構したし、最後は北の職場に来て、芝刈りや栽培中の野菜のケアも。
そういう身の回りのことだけでなく、天候も激しかった!郊外各地で竜巻があり、雹も降り、南の島のスコールのように、連日雷雨があった。そしてそのあと登場するギラギラ太陽。典型的な夏の天気だ。

気温は、暑くてクーラーをつけた日もあったが、今は北に来ていて夜10℃を下り、寒くてヒーターをつけるというジェットコースター状態!
そういえば夏至を迎えた週だったので、自然全体のテンションが夏本番を前にギューっと高まり張りつめて、そのエネルギーが雷となってパン、パン、パンッ!と放出された、そんな感じ。
現に、あちこち飛び回る中で目にした空の雲が非常にドラマティックだった。そのほとんどは、いかにも夏!という積乱雲だが、その時々で表情は違う。先週だけでかなりバラエティのある空に遭遇した。





ところで、ちょうど夏至の6月21日は、カナダのナショナル・アボリジナル・デー。(National Aboriginal Day)
ファースト・ネーションズ(カナダディアン・インディアン)やイヌイット(カナダ北部のエスキモー系先住民)、メティ(先住民とヨーロッパ人の混血)などの先住民族の歴史や文化、多様性を敬う日。
この日、ミーティングが予定より少し早く終わったおかげで、近所の美術館の庭園で行われたある先住民族のパフォーマンスを観に行くことが出来た。

市場シーズン到来!~ Farmers Market 1: Orillia Fairgrounds ~

イメージ
トロント界隈・郊外には通年で開いているファーマーズ・マーケットがいくつかあるが、冬から5月にかけて売っているのは、根菜や保存食、パンやケーキなどのベーキングものばかりだから、ちとつまらない。
だからローカルの中小規模のマーケットがオープンし始めるのは、フレッシュな春野菜が出始めるこの6月。はいはい、待ってましたよ~、この時期を!


昨日は北の職場、シムコー湖の近くにいたので、湖北端の街のOrillia Fairgrounds Farmers Market (OFFM)へ今年初訪問!
広い芝の上にたくさん並ぶベンダーたち。冬の屋内の市場と違って、やっぱり屋外だと気持ちいい~!




朝イチで行ったので、着いた時にはお腹が空いていた私。朝焼いたパンを持ってくるベーカリーが、数軒出ているから、あえてそれを狙って出てきたんだけどね!
まずは、今年新たに出店したパンやさんのバスケットに可愛く積まれたクランベリーとレーズン・シナモンのビスケットをゲット。


そして、、、いたいた、私のお気に入りのパンを売ってる店。そのパンとは、スコティッシュ・ブレッド。クロワッサンとビスケットの中間のような生地に、プレッツェルに乗ってる粒の大きい塩がまぶしてある、仏英独合作のようなパン。(写真奥)

コーヒーやさんはいたりいなかったりするから、念のため自前で持ってきた。(案の定いなかったので正解)ちょうど地元の濃くて甘いピュア・ハニーも買ったから、これをパンとビスケットに垂らして朝ごはん♪
パンをかじりながら、ベンチで隣に座った人と、「それどの店で買った?美味しい?」などと情報交換したり、行きかう人を眺めるのもまた楽し。犬連れも多いから、ちょっとした犬の社交場にもなっている。