投稿

ロウニンが止まる時

イメージ
3年前に秋田犬のロウニン(浪人)が来てから、彼の散歩のため私も強制的に外を歩くことになった。

それまで、イベント的にトレッキングなどに出かけたとしても、こんなに日常的に(しかもロウニンが小さいうちは1日に数回も)散歩に出ることなぞ子どもの時以来!
仕事に集中していたり、雨が降っていたりすると、正直「ああ、面倒くさい」と思うこともあるが、相手は生き物、そんなことは言っていられない。
それに、ロウニンがいなきゃデスクに何時間も張り付いたまま、悶々と仕事をしているだけだから、散歩は私にとっていい運動・気分転換の機会でもあるのだ。

しかし実際は、、、そこにはそれ以上の予期せぬ驚きや喜びがあった。
まず、秋生まれのロウニン、最初の2ヶ月は、ほぼ屋内で大事に育てられていた。だから外へ出て行動を広げ始めたのはまさにもらわれてきてから。つまり、ロウニンにとっては、外で見るもの、触れるもの、嗅ぐもの、生まれて初めてのことだらけ!
例えば、初めての草花。初めての雪。初めての湖。恐る恐る近づいたり後ずさりしたり、匂いを嗅ぎながら確認したり、風で枯葉が舞っただけでびっくりして逃げ出したり。



そして、その場その場に居合わせた私が気づいたことは、他者が体験する「人生初」の瞬間に立ち会うって、こちらにとってもスぺシャルだということ!
映画や本からもらう感動とは種類の違う、もっと本能的な喜び。自分の直接の体験じゃないのに、側にいる者が、何か新しいことを吸収していくときの知的な刺激を享受するような幸福感。
また、教えていないことをひとりでにやるのを見た瞬間も、「おお、これは最初から備わっている能力なんだ!」と感動したり。(例えば、ロウニンは散歩中にウンチをするとき、最初から自分で植え込みの陰に行って隠れてしたし、その後鼻を使って土や枯葉で自分のウンチを隠していた。)
きっと赤ちゃんを育てる親や先生など教える立場にある人が、これに似た感動を日々得ているのではないだろうか?
さらに、、、これも恩恵の一つとつくづく実感するのだが、動物のロウニンと一緒に歩くと、おそらく人間と歩くだけではわからない、いろんな発見があるのだ。
何しろ彼らの五感の能力は人間の何倍もあるから、ロウニンが歩いている途中で何かを感じ取ってピタっと止まった時というのは、必ず「何か」がある-。

ロウニンの目線のずっと先を追うと、リスがいたり野良猫がいたりと、人間…

路地裏のパン教室でサワードウを学ぶ

イメージ
去年、初のパン焼きをして楽しくて、すぐに「第二弾やるぞ~」と思っていたのに、その直後から激務続きで半年以上も開いてしまった。

先日ようやくチャンスを得て二度目のトライが叶った。しかも、今回は「サワードウの種づくり」ワークショップに行ったところから。
リポートの前に、まず『サワードウ(サワー種)』とは、、、乳酸菌メインのパン種(膨張剤)で、名前の通り酸味があり、ロシアやドイツのライ麦ベースのいわゆる「黒パン」に使われている。
やせた土地で育つライ麦は、小麦よりグルテンが少ないせいで普通のイーストではあまり膨らまない。でもサワー種なら比較的膨らむそうだ。
膨らますと言っても、小麦+イーストの組合せに比べたらフカフカ感はなくて、ムッチリ詰まったヘヴィーなパンの仕上がりになるけど。

さて、出かけたのは、トロント市内のやや外れの住宅街の中にあるオーガニック・ショップ。路地裏にひっそりとある、コープ(組合)運営のショップで、こじんまりしてるけど、こだわりが感じられるようないいお店。




そこの傍らにある、スタッフ用の小さな部屋で、10人ほどがぎゅうぎゅう集まった。
講師はその店のメンバーで、元高校の数学の先生という男性。引退した今は、毎日のパンを常に手作りしているそうな。
ちなみに、ワークショップはパン焼きまではせず、あくまでもパン種(スターター)とパン生地の作り方の説明のみ。(材料はすべてオーガニック&ケミカルフリー)

スターターとは、いたって簡単。なんせ、好きな粉(全粒粉が望ましい。水の約6割)と水(水道水はダメ)を混ぜて一晩放置するだけなのだから。それだけで粉についていた菌や空気中にある数種の菌が反応して勝手に発酵を始め、サワー種が出来てしまう。
詳細は端折るが、そのスターターにあとは分量の粉と水と塩を混ぜてまた一晩置けばパン生地の出来上がり。
材料もプロセスもシンプルだけど、それでも、みんなで和気あいあいとその過程を一緒にやるのは楽しかったな。ペーパーで読むより、実際に手で携わると頭に入るし。

7 years

イメージ
今日で3月が終わる。北米にいるとどうしてもアメリカのニュースが優先的に入ってくるけど、今月は銃所持・規制関連やトランプ大統領のスキャンダルが席巻していた。日本はと言えば森友問題一色。この件はもはやニュースを追う気にもなれず、、、。
今月に限らず、不穏なニュースは次から次へと湧き出し、それらも結局は日常の一部となっていくのだが、何年たっても「日常」に染まらず、今だ非現実な気がしてしまう3月の出来事と言えば7年前の東日本大震災。

震災直後はいろんなニュースを見たし記事も読んだけれど、まだショックだったせいか、なぜか現実として記憶されていなかったように思える。しかし、先日機会あってある震災関連の本を読んだのだが、7年経った今になって、当時の状況がリアルに伝わってきた。
その本とは、津波の打撃が最もひどかった場所のひとつ、南三陸町の公立志津川病院で当時内科医として勤められていた菅野武医師が書かれた『寄り添い支える』。(河北選書)

大地震後、町全体が大津波に襲われ、5階建ての志津川病院でもアッという間に4階まで水が上がってくる中、患者たちを必死で5階に運んだ菅野医師はじめ病院スタッフ。
危険を承知で4階に戻り生存者を救出したものの、その後、救命・治療器具もなく、食料も暖房もない中で、見送るしかなかった命---。
ほんの一瞬の違いで、ほんの数メートルの差で、ある者は津波にのまれ、残った者は残った者で地獄を見ることになり―。そんな死の淵に立たされた中での病院スタッフの救助行動や、避難者同士の助け合いの心。
これから読む方のために内容はこのあたりでとどめておくが、菅野医師は、震災時やその後の避難所での臨時医療体制設置などの自らの経験を通し、本の中で災害医療や普段の地域医療への提言をされている。実際に経験された中からの発言はとても意味がある。
そしてタイトルにあるように、治すか治さないか、治るか治らないかだけでなく、苦しい時に寄り添い支えることがいかに大事かという医師としての気付きも、医療現場以外でも当てはまるだろう。家族や仲間の絆の大切さも然り、、、。

たとえ被災地のインフラなどが元通りになっても、喪失や絶望の中から得られたかけがえのない教訓は、多くの人に共有され長く語り継がれなければならない。いったんすべてが無くなった中で見出されたものこそ本質的なことだろうから。だからこうして体験者が記録を残す…

ゼッポレとカノーリ ~聖ヨセフの日~

イメージ
去る3/17はアイルランドの一大イベント「聖パトリック・デー」だったけど、私はイタリアン・コミュニティーにいるので、より目立っているのはイタリアの父の日でもある3/19の「聖ヨセフ・デー」
聖ヨセフはカトリックのマリア様の夫。バージン・マリアは聖霊によって受胎されたとされるので、ヨセフのキリストとの関係は「実父」ではなく、あくまでも「養父」。
絵画においても、教義上、観る者にマリアとの男女関係を想像させないために、あえて髭をまとって老けさせたヨセフが描かれていることが多いとか。象徴的で美しく描かれた奥さんのマリア様とは扱いが随分違うんだなあ、、?
ヨセフという名は言語によって、ジョセフ(Joseph、主に英語)だったり、ヨーゼフ(Jozef、ドイツ語)だったり、ホゼ(José、スペイン語)だったり。ここのコミュニティーでは、ジュゼッペ(Giuseppe, イタリア語)になるけど、ヨセフとジュゼッペなんて、カタカナで書くととても同一人物とは思えない(笑)。

さて、この聖ヨセフの日に食べるのはイタリアのお菓子「ゼッポレ(Zepple)」。上の写真は、今日スーパーで見た特大ゼッポレだけど、普通のはシュークリームを平たくして上にクリームをもったような感じ。

引用: https://www.finedininglovers.com/stories/what-are-zeppole/
「揚げシュークリーム」と言うと一番近いかも。揚げてはいても、それほど脂っこくはない。というか、クリームがこってり過ぎて気づかないだけかも!危険! 同じくイタリア移民の多いニューヨークのストリート・ベンダー(屋台)なんかで見るゼッポレは、外側にクリームはなく、粉砂糖がまぶしてある揚げドーナッツのタイプ。
引用: http://www.thedisneychef.com/2015/03/zeppole-di-ricotta-via-napoli.html
そして、ゼッポレと合わせ、何かとお祝いごとで食されるイタリアの別のデザート、「カノーリ」も登場。
カノーリはシチリア島が発祥で、筒形の生地の中に、ふんわりしたリコッタチーズや、フルーツ、ナッツ系クリームが詰められている。生地もシュークリームのシューに近いもの、アイスのコーンのようにややハードなタイプがある。

冬から春へ

イメージ
数日前にトロント市内でのミーティングを終えてビルから出たとき。時は午後6時、それでこの明るさ!ここ最近また仕事に追われてバタバタしていた私が季節の変わり目を実感した時だった、、、。


そういや先月の時点で、植物たちは春に向かう太陽に反応していた。買ってすぐに窓辺に置いていたミニ水仙は、1週間後にはびよよよよーんと3倍くらいに伸びて、もはや「可愛い」と言えない状態に。


アイビーもここのところ新しい葉をあちこちに出し始めた。早いもので今週末で冬時間が終わるし、春は着実に近づいている。


この冬は、前半大雪・低温でどうなることかと思ったけど、2月以降はびっくりするくらい穏やかだった。とはいえこのままあっさり春になるわけはない、というのがこちらの人々の予想。ここ数日は雪の予報だし、4月だってまだ雪のチャンスはある。
これは3週間ほど前に、北のコテージにちょっとだけ行った時のもの。すでに気温は和らいでいたが、前月に出来た厚い氷はまだ残り、湖や運河ではまだスノーモービルを楽しむ人がいた。

さすがに今はところどころ溶けて、湖上でのスノーモービルは無理だろう。いつも3月の今ぐらいはまだマイナス10数度の日もあるのが普通だが、今はマイナス一桁あるいは0℃前後。まだ雪が何度か降るとしても、結果して今年は春が早そうだ。

私はと言えば、なかなか忙しい状態から抜けずに、がっつり仕事をするほかは、時折近所のカフェとヨガで気分転換する程度。本格的な春がくる頃には、余裕が出来てるといいな、、、。