投稿

マチナカの小さな市場とかわいいお店たち ~ Dufferin Grove FM ~

イメージ
トロントはすでに何度か雪が降りすっかり冬モード。私の大好きなファーマーズ・マーケットも、ほとんどが10月半ばのサンクスギビングあたりにクローズし半年後の春を待つことに。

しかし、屋根付きの倉庫やコミュニティセンターが隣接しているところは、通年でオープンしているところもあり、露地育ちの葉モノ野菜はないものの、やっぱりその雰囲気が恋しくて行きたくなっちゃう。
この秋は日本行きや濃い仕事で行けていないので、今日は去年のマーケットを思い出しながらアップ。場所はトロント繁華街からちょっと西側に行ったDufferin Grove(ダファリン・グローブ)というエリア。
ここの市場、Dufferin Grove Organic Farmers' Marketは、通年かつ、平日木曜の午後3時~7時という、週末朝市とは全く違う日時で開催している市場。仕事帰りに寄れるという人も多いだろう。

小さいスペースながら、オーガニックのパンや野菜、貯蔵品、スイーツと、各カテゴリー1つずつベンダーがいるので、ちょこっと寄ってちょこっと買っていくにはちょうどいい。

私はこの日新鮮な大根と水菜をゲット。(なぜか日本の野菜を何種類も売っていた)
そこで野菜を売っていた男性は、たまたまこれなくなった栽培者の代わりに来ている人で、慣れない袋詰めをしながらお金を渡した私にこうつぶやいた。
「しかしよ~、オーガニックなんて言って、食べてわかるのかよ。俺は全然わからないし気にしねえけどな、ははは、ありがとよっ!」

はは、なんだか正直でいいな。確かに味で誰にでも明確にわかるものではないものね。そんなことを言う人からオーガニック野菜を買うのも面白い。
さて、お次はパン屋さん。買う・買わない別にして、パン好きな私はファーマーズ・マーケットに行けば絶対立ち寄るのだ。ここのパン屋さんで私が目についたのは、、、パンの置き方。

パンの湯気・湿気をやさしく吸い取り逃がすため、パンを厚手の布でくるんでバスケットに入れて売っている。何だかすごーく大事にされているようで、こちらも暖かい気持ちになった。
そしてパン屋の前で予期せぬものが、、、なんと、屋外のピザ窯!ブリックオーブン!

ここはアフタースクールのセンター&公園的なエリアなのだが、そんなところにピザ窯があってビックリ!

この日は冷たい雨がしとしと降っていてちょうど身体が冷えていた。そんなところに…

冬支度・冷たい空気の中で

イメージ
日本から戻って急ぎの仕事だけババッとやったあと、数日だけ北の職場&コテージに行ってきた。私が不在の間運動不足になった犬のロウニンを広い場所で走らせるため、そして、シーズンを終えた野菜栽培の片付けや落ち葉掃除のためだ。

こちらの庭は広いから、芝刈りはもちろん、落葉掃除も半端ない。だから芝刈り機や何かしらのマシンを使っての作業になる。私も一人で来て一人で作業するうちに、こんなカナダの庭の手入れに慣れてきた。
秋の作業は、、、エンジン付きの芝刈り機に乗っかって、芝を刈ると同時に、芝を掃き出す風を使って落葉も一緒に吹き飛ばす。庭の端にうまく集めるために、吹き出し口の方向を考えながら、庭の真ん中から運転開始。

それでも細かい場所はどうしても手作業になるので、レイカー(raker=熊手)で掻き集める。実はこのレイク作業で結構腕と背中が筋肉痛になる。(バカボンのレレレのおじさんはずっと掃き掃除していて、実はマッチョだったかも!?)
ところで、集めるのに苦労する落葉も、畑をやっている人にとってはよい土壌の素。環境意識が高い町なら、町で集めてまとめてコンポスト作業しているところもあるものね。
私も来春向けの腐葉土を作ろうと、庭の隅に落ち葉を集めた。落葉が飛び散るのを防ぐのと少し空気を循環させるため、落ちた枝も混ぜ込んで、、、。

ここに微生物を含んだ有機肥料を撒いておいて、あとは冬の間微生物に働いてもらう!ここは雪解け水が最後まで残る窪みだから、その水分・湿気を逆手に取って。
ちなみに下記写真は、去年仕込んで今年の春使った腐葉土。このしっとり・ジメジメ感、そして枝にはびこるカビのような菌を見てうっとり。(←すっかり農作業にはまってる(笑))


菌による発酵・熟成の恩恵を受けるという意味では、日本酒やぬか漬け、味噌の仕込みと同じようなもの。生物の生命を活性化する菌たちには本当に感服。
そんな腐葉土や有機肥料のせいか、私が世話していた野菜のうち、なんとセロリやケール、アルグラ(ルッコラ)や水菜ははまだ元気だ。すでに一度雪がちらつき、最近の朝晩の気温も0℃近くなのだが。

ハーブ系が強いのはわかるが、葉モノ野菜がこの気温の中生きていて、さらに瑞々しくシャキッとしているなんて!寒さに強い野菜の種類なんだろうけど、土の中の根が元気だからこそだろうな。予期せぬ収穫はとても嬉しかった。




そうそう、日本を出る前も、父が庭で冬…

雨と柿の?日本滞在

イメージ
10月後半から実家の用事のために日本に来ている。滞在中ネット経由でカナダの仕事も継続しているが、ひとたび実家に来るとなんやかんやあって、なかなか自分のペースでことが進まない。

まあ、それはこれまでも何度も経験しているので、なんとかやりくりしているが、難しいのは時間の調整よりも気分の調整。なぜなら、田舎で両親と過ごすと、生活スタイルがまるで違うから。
朝早く夜も早い。いろんなことがアナログ。テレビをつけている時間が長い。そして母に振り回される(笑)
食事もカナダとはガラッと変わり、白飯・味噌汁の登場率が一気にアップ。これは嬉しい点だが、米がうまいし魚・野菜も新鮮。豪華な和食でなく、一般家庭のフツーの何でもないおかずが一番身体が喜ぶので、ついつい食べ過ぎる。



カナダでは大体夕食後にもう一仕事するのだが、実家では、美味しい和食を食べてその後熱い風呂(これが柚子風呂だったり!)に入れば、もう仕事なんてする気なくなる。スマホなど、なぜかデジタルものに関わりたくなくなるのだ。

そして夜10時も過ぎれば自然な睡魔がやってきて、その後深い眠りに。それは翌朝の早起き・目覚めのいい朝につながっていく。
カナダでは夜も仕事をするせいか、12時1時を回っても睡魔が来ずなかなか寝付けない。うーん、出来るだけ日本の田舎のような生活をした方が健康的だよなあ。


深刻ではないものの父の短期入院もあったし、さらにはこの時期滅多に来ない大型台風が2つも来て外出を阻むし!たまたま私の居るたった半月の間になぜ想定外のことがこんなに盛だくさん起こるかなあ!
結果、ミッションはコンプリート(完了)しなかった。しかし、できる限りの前進はしたのでヨシとしよう。これだけ他のことに邪魔されたというのも、「今じゃない」というサインなのかもしれないし!
度重なる予定の変更で、家族旅行すらもまさかのキャンセル。それでも半日だけ遊びに行ったり、買い物ついでに近所を歩いたり。滞在中ほぼずっと雨という、これもまた稀なことではあったが、日本の秋の景色や食は少しは楽しむことができた。

隠された墓

イメージ
Happy Thanksgiving! カナダの感謝祭はアメリカより1ヶ月以上早い、10月第2月曜日。この週末はボスの奥さんの焼いたターキーを堪能。今年は家族全員が集まれないので丸焼きでなくこじんまりだけど、美味しかった!

私はと言えば、先週あたり落ち着くと思っていた仕事が落ち着かず、年内はこのままずっとバタバタな感じで進みそう。
お店は感謝祭やハロウィンモード、(中にはクリスマスグッズも!)今年は遅れたけれどようやく紅葉もピークを迎えて来て、私がデスクに向かっているこの瞬間にも、季節はどんどん変わって行く。


秋の野草やキノコ狩り、森のウォーキングなんかを楽しみにしていたけど、今年は見送らざるを得ないかな、、、。
でも、こうやって木々の色が変わり、空気が変わると、以前よく歩いた森の風景が脳裏に蘇ってくる。まだトロントではニューヨークにいた時ほど歩いていないから、思い出すのはもっぱらニューヨーク周辺の森。

中でもよく思い出すのは、私が大好きだった公園、ニューヨーク・ロングアイランドのカムセット・パーク。(Caumsett State Historic Park Preserve

ルーズベルト元大統領の家があるオイスター・ベイや、ビリー・ジョエルが以前住んでいたコールド・スプリング・ハーバーを過ぎた、ロイド・ハーバーというエリアにある。
Caumsettとは、この地に居たネイティブ・アメリカンの言葉で「鋭い岩による場所」。昔の高官だか元帥の私有地を60年代にニューヨーク州が買い取った土地だそうだ。
湾を臨む高台の邸宅や古い納屋だのは、一部18世紀(!)のもので、修復されつついい雰囲気で残っている。



ちょっとした馬舎と乗馬・ポロ競技スペースや庭は、この私有地が英式でデザインされたことを物語っている。10月の今ならカボチャのディスプレイがあること間違いなし!